2011年1月22日(土)放送横浜橋通り

14位 余川履物店

大正初期に創業した履物店。
こちらの女将・余川美智子さんは、桂歌丸師匠とは小学校からの幼なじみ。師匠も長年ここの下駄や雪駄を愛用しています。また場所柄、三吉演芸場に立つ役者さんからの注文も多数。特に女形が履く「千両下駄」には定評があります。つま先が前のめりになっているため、足首から全体にかけて美しく見え、女性らしさを強調。大衆演劇をまさに足元から支えています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト