2011年2月12日(土)放送大阪 法善寺横丁

21位 濡れた石畳

静かに情緒を醸す法善寺横丁。夕暮れに灯る店々の明かりと共に、雰囲気を盛り立てる水を打たれた路地が絵になる光景に一役買っています。「大阪の神楽坂」と呼ぶ人が多く、往時のなにわの香りが残る貴重な場所です。もうひとつ趣を添えているのが、通りの入口にかかる檜板の看板。東門は3代目・桂春団治師匠の文字で、西門は喜劇王・藤山寛美さんによるものです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト