2011年4月23日(土)放送南房総

5位 南総里見八犬伝のふるさと

南房総には、曲亭馬琴の長編伝奇小説「南総里見八犬伝」に登場する場所がいくつもあります。物語の始まりの舞台は南房総市にある富山。その山の入り口には「富山 伏姫(とみさんふせひめ)山門」があり、物語では犬の八房が伏姫を背負ってこの階段を登ったとされています。しばらく登ると現れる「伏姫籠穴(ろうけつ)」は、八房と伏姫が暮らしたとされる場所。歴史ロマンあふれる散策を楽しみましょう。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト