2011年4月23日(土)放送南房総

20位 酪農のさと

白牛を観察できるのはもちろん、酪農の歴史も勉強できる観光スポット。
八代将軍徳川吉宗によってインドから輸入された3頭の「白牛」が、日本の酪農の発祥とされています。こちらがその牧場跡地です。輸入された白牛の血筋は一度は途絶えてしまいましたが、平成8(1996)年に再びアメリカから輸入。国内での繁殖を進め現在5頭の白牛が誕生しています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト