2011年5月7日(土)放送墨田区 東あずま

9位 小室染色工場

大正5(1916)年創業の浴衣小紋染めの染色工場。
三代目ご主人・小室一郎さんはこの道半世紀以上の熟練。大豆の汁「呉汁」で生地をコーティングするのは柄をくっきり仕上げるためのひと手間。そこに、ひと筆ずつ色を差していきます。全て手作業の手差し小紋染めの技法で浴衣を染めるのは、日本で小室さんただ一人。匠が惜しみない手間ひまをかけて生み出す小粋で気品も香る逸品です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト