2011年7月2日(土)放送秩父 長とろ

15位 長とろ七草寺めぐり

豊かな自然と歴史を感じる極上の散策コース。
7つの古刹に万葉集に登場する秋の七草が植えられています。鎌倉時代創建の「洞昌院」には萩の花(7~9月中旬)、「不動寺」には5600株もの撫子(7月下旬~8月下旬)、「遍照寺」には甘い香りの葛の花(8月中旬~9月中旬)、「真性寺」には女郎花(7~8月下旬)、「多宝寺」には桔梗(7月下旬~9月下旬)、「道光寺」には秋の定番、尾花・ススキ(7~10月下旬)、「法善寺」には藤袴(9~10月下旬)が咲き乱れます。さらに、「法善寺」の欄間に残る初代 後藤茂右衛門正綱が手がけた欄間彫刻(1739年)も見もの。溢れる躍動感に圧倒されます。

(長とろの「とろ」の字の正しい表記はこちらになります。)

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト