2011年8月20日(土)放送小笠原

4位 アオウミガメ

小笠原は日本最大のアオウミガメの繁殖地。毎年5月から8月に小笠原の浜辺で産卵します。夏の時期、夜の海岸では高い確率で産卵に遭遇することができますが、驚かせないように明かりをつけず静かに見守りましょう。2ヶ月後、ふ化した子ガメたちは、海に向かって歩き出します。そして30年後、大きく成長しまた島に帰ってくるのです。また小笠原小学校では、毎年卒業式で小学校の先生たちが作った「アオウミガメの旅」という島の歌が歌われ、荒波に負けないたくましさを願います。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト