2011年8月20日(土)放送小笠原

23位 ピーマカ

小笠原の伝統的な郷土料理。
島でササヨとよばれる魚などに短冊切りにした大根を加え、酢と橙の果汁に漬けたもの。ルーツがハワイだという料理ですが、実は小笠原に最初に定住したのはハワイから来た欧米人。その1人、ナサニエル・セーボレーさんの子孫は、今も大勢の人が島に住んでいます。また、小笠原にはフラも定着。島民2500人程のうち約250人が楽しんでいます。小笠原の古い歌に合わせて踊る独特の「小笠原フラ」。日本とハワイを感じる独自のミックスカルチャーが定着しているのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト