2011年10月 8日(土)放送栃木 佐野

12位 葛生の石灰

佐野市の北部・葛生地区は全国一の石灰岩の産地として栄えてきました。石灰そのものの生産も江戸時代から行われています。現在、主に採掘されているのはドロマイトと呼ばれる鉱石。葛生でとれるドロマイトは国内シェア9割を占めています。主成分は炭酸マグネシウムと炭酸カルシウム。主に鉄鋼・ガラス・コンクリート生成などに使われています。実はドロマイトは「ふりかけ」の原材料にも使用。食べることでカルシウムとマグネシウムが補えるのです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト