2011年10月29日(土)放送養老渓谷温泉郷

17位 天然ガス企業発祥の地

房総一帯には日本一の埋蔵量を誇る水溶性天然ガスの鉱床「南関東ガス田」が存在します。大多喜町は日本初の天然ガス事業会社「大多喜天然瓦斯株式会社」の創業地。この街では古くから天然ガスを利用してきました。また養老渓谷温泉郷の誕生も天然ガスと深い関わりが。大正3年に民家から湧き出した鉱泉を天然ガスで温め、温泉としたのが始まりとされているのです。今もその場所からはガスが噴出し家庭で利用。また温泉街では、当時から湧き出る鉱泉とガスを使った「足湯やすらぎ」が観光客に人気です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト