2012年4月14日(土)放送赤羽岩淵

16位 中之島

およそ20年前に、新水門の建造に伴う工事により誕生した人工の浮島。
一角に立っているのは“農民魂は 先づ草刈から”と刻まれた、巨大な「草刈の碑」。実は昭和13年~昭和18年までの6年間、毎年荒川の土手で草刈大会が開催されていたのです。それは草を刈り、集め、束にし堤防上の草置場まで運ぶ競技で、全国で予選会が行われ6回で延べ4万人が参加。予選を勝ち抜いた強豪がこの地で決戦を行ったのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト