2012年6月23日(土)放送神田三崎町

2位 三崎稲荷神社

神社。
江戸時代から“清めの稲荷”と呼ばれ、参勤交代で訪れた諸代名が信仰。帰路につく前も再び安全を祈願したといいます。南極探検隊 第一次隊の白瀬矗(のぶ)隊長も三崎稲荷神社のお守りを携帯。実は出発前に大隈重信宅で行われた決起集会の時、重信の妻は旅の安全を祈願するため真綿のチョッキに三崎稲荷神社のお守りを縫い付け、隊員全員に渡したといいます。「お砂守り」は、現在も旅の安全に授かる方がいらっしゃいます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト