2012年11月17日(土)放送会津 大内宿

1位 茅葺き屋根

大内宿の象徴。
現在では材料の茅に加え、茅葺き職人も全国的に減少。そこで大内宿では葺き替えに使用する茅は近くの畑で独自に栽培し、専用の「大内宿 茅倉庫」にストックしています。また、大内宿の茅葺きを守ろうと立ち上がったのが、4位でご紹介した「こめや」のご主人・吉村徳男さん。吉村さんは16年前、勤めていた町役場を辞め地元の茅葺き職人に弟子入りし、10年もの修業を経て一人前と認められました。今では廃校の教室に屋根を組み、若い世代に技術を伝承。地元の人の熱い思いによって、貴重な街並が守られているのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト