2013年3月9日(土)放送鎌倉 長谷

6位 長谷を愛した作家

「花物語」などの少女小説で知られる吉屋信子。川端康成もまた長谷に居を構え、昭和21(1946)年から晩年を過ごしました。小説「山の音」には、主人公である信吾の家の裏山の神社が登場しますが、それは自宅のすぐそばにある「甘縄神明宮」であるといわれています。そして昭和51年創業の「小花寿司」には、作家の伊集院静さんが毎日のように通っていたそうです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト