2013年5月25日(土)放送京急 穴守稲荷

3位 ANA訓練センター

ANAグループの乗務員をはじめ、様々なスタッフが訓練を行っています。キャビンアテンダントは、機体を忠実に再現したモックアップで緊急時の対応を重点的に訓練。特にドアの開閉には機種ごとに取り扱い資格が必要で、合格しないと乗務することができません。またパイロットの訓練に使われるのが、1基およそ20億円というフライトシミュレータ。操縦に合わせて実際の運航状況を再現し、さらに最新のビジュアル技術によって大雪などあらゆる状況を想定した訓練も可能です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト