2013年5月25日(土)放送京急 穴守稲荷

23位 レストラン 日の出

昭和45年から続く鉄板焼のお店。
カウンター席に着くと、ご主人・増田文夫さんはテーブルの上にアルミホイルを広げ始めますが、それはステーキをのせるためのもの。“鉄板の感じをだす”ためだそうです。「霜降りロースステーキ」をオーダーしてみると、ご主人は豪快に焼き上げたステーキを、予告通りアルミホイルの上へ…。確かに、お皿よりは鉄板ぽくて良い感じです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト