2022年5月7日(土)放送横浜 鶴見

5位 関東一の沖縄タウン

明治時代後半、京浜工業地帯の仕事を求め、沖縄から多くの人が移住してきたこともあり、鶴見は沖縄の人々の第2の故郷になっている。2022年3月には、入船公園では関東中の団体による沖縄の伝統舞踊「エイサー」のお披露目会「関東エイサー ハチウクシまつり2022」が開催された。

【沖縄料理 ななまかい】
2004年にオープンした人気の沖縄料理店。店主は帽子がトレードマークの比嘉吉光さん。おすすめはほろりと柔らかいソーキのからあげ。
住所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-18-2 徳永ビル1F
TEL: 045-521-2953

【風車】
2013年にオープンした沖縄料理店。店名は沖縄の長寿のお祝いを意味する。沖縄の郷土料理と泡盛を求め、沖縄出身のお客さんが連日集う。人気は「うむくじてんぷら」。芋くずと紅芋で作られる揚げ物料理で、もちもちな食感と甘じょっぱい味が、大人から子供まで愛される一品。ご主人が三線を鳴らせば、みんなで始まるカチャーシー。
住所: 神奈川県横浜市鶴見区潮田町2-87
TEL: 045-501-2455

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト