2019年2月23日(土)放送水戸

6位 水府提灯

かつて水の都として栄え、「水府」と呼ばれた水戸の伝統工芸品。江戸時代、水戸藩の下級武士が生活を支えるため励んだ提灯作りが発祥といわれる。次第に江戸の町でも使われるようになり、現在でも、東京の三社祭や神田祭で使われている。
【鈴木茂兵衛商店】
1865年創業の提灯メーカー。伝統的な提灯に加え、今ではアーティスティックでユニークなデザインの提灯も生み出している。
住所: 水戸市袴塚1-7-5
TEL: 029-221-3966

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索