うずまきボルト

うずまきボルト

CV:三瓶由布子

うずまきボルト

七代目火影の息子。
掌に謎の印・「楔」を持つカワキと一緒に暮らすことになる。
自分の素性を明かさないカワキに心を許さない日々を送る中、カワキを狙う「殻」と戦うため、次第に力を合わせるようになっていく。

▲ ページトップ
うちはサラダ

うちはサラダ

CV:菊池こころ

うちはサラダ

うちはサスケ、サクラの娘。
無茶をするボルトを叱ったりする、第七班のしっかり者。

▲ ページトップ
ミツキ

ミツキ

CV:木島隆一

ミツキ

大蛇丸の息子。大蛇丸に作られたクローンであり、普通の人間とは体の構造が違い丈夫なはずなのだが…?

▲ ページトップ
奈良シカダイ

奈良シカダイ

CV:小野賢章

奈良シカダイ

ボルトの親友。
忍者学校(アカデミー)に入る前からの付き合いで、いつもボルトとつるんでいる。
ボルトのいたずらに付き合う事もしばしば。
「めんどくせー」が口癖でいつもやる気がない、のだが…実はかなりの頭脳の持ち主で、その知略で度々ボルトを助ける。

▲ ページトップ
山中いのじん

山中いのじん

CV:阿部 敦

山中いのじん

ボルトの幼馴染。
口が悪くいつも嫌味を言うのだが、なぜか憎めない。
絵を描く事が好きで、巻物に描いた絵を実体化させる“超獣偽画(ちょうじゅうぎが)”という忍術の使い手。

▲ ページトップ
秋道チョウチョウ

秋道チョウチョウ

CV:白石涼子

秋道チョウチョウ

ボルトの同級生で、サラダと仲のいい女の子。
いつも“ポテチ”を食べていて太っているがイケメンが大好き。そして超ポジティブ。
かなりの自己中で、自分はかなりイケてる女、だと思っている。

▲ ページトップ
うずまきナルト

うずまきナルト

CV:竹内順子

うずまきナルト

木ノ葉隠れの里の火影であり、ボルトの父。
その身体には尾獣という獣を宿しており、絶大な力を持っている。
里を守るために多忙なのだが、なかなかボルトにはそれが分かってもらえずにいる。

▲ ページトップ
うちはサスケ

うちはサスケ

CV:杉山紀彰

うちはサスケ

サラダの父であり、ナルトの親友。
写輪眼を使いこなし、さらにはその上位の瞳術である“輪廻眼”をも使いこなす。
輪廻眼の力でしか行くことのできない空間があり、里に迫る脅威の痕跡を探るため、その空間を行き来している。

▲ ページトップ
ジゲン

ジゲン

CV:津田健次郎

ジゲン

謎の組織「殻」のリーダー。
そのすべては謎に包まれていて、ボルトの運命に大きく関わっていく。

▲ ページトップ
カワキ

カワキ

CV:内田雄馬

カワキ

「殻」のリーダー、ジゲンに「楔」を刻まれた少年。
幼い頃にジゲンに引き取られ過酷な体験をしてきた事で、人を簡単に信用できなくなってしまった。
そんな中、ボルトやナルトに出会ったことで徐々に心を開いていく。

▲ ページトップ
果心居士

果心居士

CV:中村悠一

果心居士

突然ボルトたちの前に現れた謎の忍。
素顔は仮面で隠されており、木ノ葉隠れの里でも使える者が限られている螺旋丸をなぜか使うことができる。

「殻」の内陣(インナー)であり、「器」であるカワキを取り戻すため木ノ葉隠れの里に潜入する。

▲ ページトップ
デルタ

デルタ

CV:桑島法子

デルタ

「殻」の内陣(インナー)の一人。

「殻」のメンバーと衝突することもあるほど好戦的で気性が荒い。
人を殺すことにためらいもしない残忍な性格で、カワキを取り戻すためジゲンの命令を破り木ノ葉隠れの里に単身で乗り込む。

▲ ページトップ