ニュース・更新情報

キャプテン翼

エピソード
 

放送は終了しました。応援ありがとうございました!

これまでのお話
1  2  3  4  5  6 
第52話「エンドレス・ドリーム」

2019.04.01 onair

全国中学生サッカー大会決勝戦もいよいよ大詰め!不死鳥のように何度もよみがえってきては立ち塞がる翼に、日向は圧倒されていた。――負ける。東邦が1点を追う形で迎えた最終局面にそんな言葉が頭をよぎるが、松山たちの声援、東邦イレブンの懸命なプレイに自分のサッカーをするしかないと、チーム一丸となって南葛ゴール前へ攻め込んだ!そして、繰り出したシュートは!?南葛V3か東邦V1か…優勝旗ははたしてどちらの手に!?

第51話「ミラクルドライブシュート!」

2019.03.25 onair

決勝戦は延長戦にもつれ込んだ。左肩と左足に怪我を抱えながらもピッチに立った翼は、ブラジルへの旅立ちを見据え、自身でV3のゴールを決めなければならないと気負っていた。体はボロボロになりながらも、サッカーの申し子と評される、ずば抜けたサッカーセンスで東邦陣地へ攻め込む翼!そこに待ち構える日向小次郎!直接対決は、日向のスライディングタイガーショットのほうが早いように思えたが、そこに飛び込む人影があった…!

第50話「執念の総力戦」

2019.03.18 onair

翼が石崎からのパスを見事ダイビング・オーバーヘッドでゴールへ押し込んだ!掲示板に灯る3対3の同点の文字。後半10分にして振り出しに戻った試合に、日向は責任を感じ、強引に南葛ゴールへ切り込んでいく!そこに巨漢のディフェンダー・高杉が立ち塞がった。弾き飛ばされた小次郎は、思わずカッとなり、高杉につかみかかる。騒然となる会場。一触即発の空気に審判が笛を吹いた!審判が掲げたカードの色は……!?

第49話「灼熱の闘士 猛虎&翼」

2019.03.11 onair

足の怪我の悪化で、一旦の退場を余儀なくされてしまった翼。再出場したいと痛み止めの注射を懇願するが、上条医師からは猛反対を受ける。そんな中、翼は拳を振るわせてつぶやく。「…夢…夢なんです…」。翼がこの試合に込めた想いとは…!?一方、日向は翼のいない南葛であれば10点差をつけて勝つと、容赦なくタイガーショットを打ち込んでくる!これ以上得点されまいと、南葛メンバーも必死にゴール前へ飛び込み…!?

第48話「王者・東邦!」

2019.03.04 onair

全国中学生サッカー大会決勝戦、前半15分。南葛に非常事態発生!なんと翼のドライブシュートが打てなくなってしまった!その一方で、東邦にも若島津の怪我の再発という衝撃的事実が走る。若島津の負担を減らすためにも、攻めに徹すると吼える日向。東邦がチーム一丸となって勢いを増す中、さらに日向は翼をゴールに攻め込ませまいと一対一の勝負を挑む!キャプテン同士の直接対決、競り勝つのはどちらか!?

第47話「宿命の対決ふたたび」

2019.02.25 onair

小次郎が放ったタイガーショット。ゴールは決まらなかったものの、ボールがパンクしてしまうほどのとてつもない破壊力に会場は騒然となる。――猛虎復活。南葛中対東邦学園の決勝戦はそのことを知らしめる衝撃的なオープニングで幕を開けることになった。たじろぐ南葛メンバーだったが、弱気になるなと声を張り上げて仲間を鼓舞する石崎。翼も仲間のためにと怪我をおして、渾身のドライブシュートを東邦ゴールに向けて放つのだった――!

第46話「世紀のキックオフ」

2019.02.18 onair

全国中学生サッカー大会・決勝戦前日。自分を試合に出してほしいと、日向は北詰を前にプライドを捨て、自らの膝を折っていた。それでも取りつく島もない北詰の反応に、思わず吼える日向。若島津や沢田たち部員も決勝戦に日向を出してほしいと懇願する。部員たちの日向への熱い想いを汲み取った北詰は、ついに日向出場の条件を出す。日向が全力の反町、沢田、若島津からゴールを割ること。三人を前にした日向は、右足を振り上げる!

第45話「涙のエアポート」

2019.02.11 onair

南葛中が1点リードで迎えた終盤。残るはあと10分。攻めに守りにと、それぞれのチームが全力の好プレイを見せる。試合終了の笛が刻一刻と迫る中、最後の攻撃とふらの中が南葛ゴールに雪崩れ込んだ!ふらの中マネージャー・美子がチームの勝利を祈る中、松山と翼の、キャプテン同士の一騎打ちに!大会一と謳われるキープ力を松山が見せるのか!?それともサッカーの申し子・翼が守りきるのか!?準決勝第2試合、いよいよ決着!

第44話「背番号10対背番号10」

2019.02.04 onair

東邦学園が決勝進出を決めた。残る椅子はいよいよ一つ!それを巡って争うのは南葛中とふらの中。奇遇にも、各チームを率いる大空翼と松山光はそれぞれ10番を背負うミッドフィルダーだ。自然と中盤での攻防に注目が集まる中、松山が翼にタックルを仕掛けた!キープ力を武器に抜群のキャプテンシーを発揮する松山と、ドライブシュートをものにし、怪我をしながらも闘志を失わない翼。今、10番同士の凄まじい対決が幕を開けた!

第43話「猛虎ゲキる」

2019.01.28 onair

いよいよ全国中学生サッカー大会も準決勝!第1試合の対戦カードは東邦学園対明和東中。奇しくも小学生時代、明和FCで吉良監督のもと、互いに切磋琢磨し合った元チームメイト同士で試合をすることに!決勝進出確実と思われていた東邦学園だが、手の内を知り尽くされている相手との対決に苦戦を強いられる。ゲームメイカーの沢田もパスを読まれて、なかなか得点に結びつけられず、試合は明和東のペースとなり…!?

1  2  3  4  5  6 
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.