ニュース・更新情報

KJファイルKJファイル

ストーリー

Story

20世紀初頭から世界各地に突如出現し始めた個性豊かな怪獣達。
当初は抵抗を試みた人類であったが、
その巨大な力を前に、完全なる駆逐は不可能であるとの結論に達し、
怪獣を監視・分析することに叡智を集結させた。
そして誕生したのが国連怪獣監視団(通称:クーロンズ)である。
不屈のリーダー海堂勇一郎事務局長を筆頭に、
怪獣生態学の権威である小林丸兆治、
怪獣機能分析学の才媛クレア・コールマン、
怪獣防災学の異端者ケニー御子柴、
対怪獣戦略学の貴公子ニキータ・タルコフスキー、
怪獣言語学の道を切り拓いた新世代ルル・ドゥ・ピカード、
そして怪獣生命科学の重鎮ギレルモ・マルケス。
怪獣科学のエキスパートたちが数百体にも及ぶ怪獣達を監視・分析し、
怪獣と人類が共に生きる世界を模索し続けるのであった。

国連怪獣監視団 国連怪獣監視団 Kaiju Watchers the League of Nations 通称:KWLONs(クーロンズ)

概略

人類が持つ科学と叡智を集結させ、怪獣の監視を続ける国連機関である。
世界中に研究機関・支部を有し、世界各地の怪獣を監視・分析することで
怪獣と人類の共存の道を日々模索し続けている。

沿革

20世紀初頭、ユーラシア大陸極東で起こった隕石落下による大爆発。
この影響で地殻が大変動し、古代の地層に眠っていた巨大生物(怪獣)が目を覚ました。
地底、海底、そして空の彼方からも怪獣が出現し、人類が築いた文明を襲い始めたのだ。
この事態に人類は国際連盟を結成し、怪獣を駆逐するため戦いに挑んだ。
しかし怪獣の圧倒的な力の前に国際連盟軍は敗北を重ね、人類は滅亡の道を歩むかに思われた。
その潮流が変わったのは20世紀半ば。
御子柴四朗博士が超音波怪獣制御装置(通称:ラッテンフェンガー)を開発し、
怪獣の行動制御が可能となったのだ。
これを契機に人類は怪獣との戦いをやめ、共存の道を模索し始めた。
国際連盟軍が解体・再編され、御子柴四朗博士を中心に、
国連怪獣監視団(クーロンズ)が結成されることになった。

組織体制

6つの研究部門に分かれている。

怪獣生態学
怪獣の生態・行動・習性を観察し分析を行う。
怪獣生命科学
怪獣の遺伝子物質の解析や分子生物レベルの研究を行う。
怪獣防災学
怪獣災害による被害予想、避難方法などの研究を行う。
怪獣言語学
怪獣の鳴き声を言語化し、怪獣との意思疎通を研究する。怪獣学として最も新しい研究分野。
怪獣機能分析学
解剖などにより怪獣の生物としての機能を医学的に分析する。
対怪獣戦略学
怪獣と交戦する場合を想定し、怪獣への攻撃方法、怪獣の弱点を分析する。だが、その成果はほとんど上がったことがなく、毎年部門の廃止が検討されている。

各研究部門のトップによる報告会が定期的に開催され、
現在監視対象となっている怪獣についての分析・新発見などが話し合われている。