ニュース・更新情報
  • あにレコTV

    「おそ松さんon STAGE~SIX MEN'S SHOW TIME 3~」「ポチっと発明 ピカちんキット」特集回を限定配信中!

    [6/25 up]
  • BEM

    サイトリニューアルしました!7月14日からテレビ東京ほかにて毎週日曜深夜1時35分~放送開始!

    [6/25 up]
  • 爆丸バトルプラネット

    番組プレゼントのおしらせ

    [6/24 up]
  • 闇芝居 7期

    サイトリニューアルしたヨ…

    [6/24 up]
  • ポケットモンスター サン&ムーン

    アプリ『Pokémon GO』の「GOスナップショット」で撮影した写真を大募集!

    [6/23 up]

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

エピソードエピソード

 

放送は終了しました。応援ありがとうございました!

これまでのお話
1  2  3 
最終話「地球よ、ヤマトは…」

生き残った者たちが、真新しい慰霊碑の並ぶ英雄の丘に集う。時は西暦2203年。
あのガトランティスとの戦いから半年――平和が戻ったかに見えた地球だが、本当の「試練」はこれから始まろうとしていた……。

第二十五話「さらば宇宙戦艦ヤマト」

ズォーダーの意志で[滅びの方舟]は目覚めた。都市帝国の残骸を喰らい、真の姿へと変貌を遂げる[滅びの方舟]。地球を覆わんばかりの超巨大な姿となった[滅びの方舟]に対峙する、満身創痍のヤマト。もはやヤマトに戦う力は残されていない。艦長として古代は、最後の決断を下す。

第二十四話「ヤマト、彗星帝国を攻略せよ!」

彗星都市帝国に放たれるトランジット波動砲。地球を背にヤマトは最後の決戦を挑む。大いなる和の縁――ガミラス艦隊、そして桂木透子の協力を得て、都市帝国内部へと侵入を果たすヤマト。目指すは大帝玉座の間。多くの血が流れ、多くの犠牲を払い、古代はズォーダーの元へと辿り着く。

第二十三話「愛の戦士たち」

ズォーダーの傀儡たるミルが、キーマンに突きつけた「悪魔の選択」。しかし古代はその選択を拒絶し、逆にガトランティスへの投降を申し出る。戦いを終わらせる為に、引き金を引かない。それが古代の選択だった。その答えに激高して、銃を放つミル。刹那、銃弾は雪の身体を貫いて――。

第二十二話「宿命の対決!」

いまだヤマトには正体不明のスパイが潜んでいた。
空間騎兵隊が怪しまれるなか、疑惑を否定することができずに斉藤は苛立つ。
やがて決戦に向けて、緊急改装を行ったヤマトが発進した。その針路を塞ぐように現れる〈ノイ・デウスーラ〉。
何を想いデスラーは、ヤマトと相対するのか……。

第二十一話「悪夢からの脱出!!」

地球=ガミラス連合艦隊の奮戦虚しく、都市帝国は火星絶対防衛圏を突破しようとしていた。
山南が重力圏に捕らわれたヤマトの存在を確信した一方で、AIは人類存続の為の[G計画]を発令。銀河に戦線離脱を命じた。
艦長の藤堂早紀は、機械の命令とヤマト救出との間で選択を迫られる。

第二十話「ガトランティス、呪われし子ら」

総員退艦の際に頭部を負傷した雪は、4年分の記憶と共に古代への想い――その"愛"すら失って目覚めた。
満身創痍のヤマトが不時着したのは、かつてガトランティスを創り出したゼムリア人の故郷。
都市帝国に囚われた惑星の上で、ガトランティスとズォーダーの"愛"と"絶望"の歴史が語られる。

第十九話「ヤマトを継ぐもの、その名は銀河」

波動機関が停止したヤマトは重力圏に沈んでいった……。
からくも離艦できた真田たちは、波動実験艦銀河へと移乗。
そこで彼らは、惑星再生能力を失った[コスモリバースシステム]ですら戦線に投入し、
時間断層で艦隊の増強に明け暮れる、追い詰められた人類の現状を知るのだった。

第十八話「ヤマト絶体絶命・悪魔の選択再び」

木星に匹敵する大きさを誇る白色彗星。いま、その内奥に眠る都市帝国が、ついにその全貌を現す。そして再び突きつけられるズォーダーの“悪魔の選択”。ラスト、かつてない衝撃がヤマトを襲う──。

第十七話「土星沖海戦・波動砲艦隊集結せよ!」

ついにガトランティスの地球侵攻が開始された。旗艦アンドロメダを中心とする波動砲艦隊と、バルゼー率いるガトランティスの大艦隊が、太陽圏で激突する。地球の、宇宙の命運を決する戦いの行方は──!?

1  2  3 
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.