MUSIC 音楽情報

The Place Has No Name

オープニングテーマ

ストレイテナー
「The Place Has No Name」

(ユニバーサル ミュージック / Virgin Records)
2015年4月22日(水)発売

COMMENT コメント

ホリエアツシ

鈴井さんと岡田くんのタッグと伺えばもう、ストレイテナーとして何がなんでもやらせていただきたかったです。
ロケ地となる赤平にも、夏でしたが鈴井さんに連れて行っていただいたこともあり、その冬景色に思いを馳せながら楽曲を作りました。作品のストーリーに込めた監督の意思も受け、心に刺さる張り詰めたエモーショナルを渾身のバンド力で鳴らします。

岡田将生

ストレイテナーの大ファンです。こんなことがあっていいのか。こんな嬉しい事はありません。何回もLIVEにも行かせてもらい、汗だくになりながら興奮してた自分が、まさか自分が出演するドラマのオープニングをやってもらえるなんて。このドラマには奇跡が舞い降りてます。

鈴井貴之

ホリエ君と出会ってもう何年前になるのでしょうか?一緒にお仕事をさせていただいたこともありますが、僕はストレイテナーもentも、それ以上にホリエ君が好きなのです。物静かな中にある底知れない想像力。だからこのドラマに楽曲をお願いしたのです。ホリエ君が生み出す楽曲は、このドラマの舞台である白銀の世界同様、真っ白な世界に沢山の色を重ねてくれる。そもそもは白から始まる。そんな曲がこのドラマに更なる色を加えてくれるのだと思います。

PROFILE プロフィール

ホリエアツシ(Vo, Gtr ,Key)、日向秀和(Ba)、大山純(Gtr,Cho)、ナカヤマシンペイ(Dr,Cho)
1998年ホリエアツシ(Vo, Gtr ,Key)とナカヤマシンペイ(Dr.)の2人で始動。
2003年メジャーデビューとともに日向秀和(Ba.)加入、2008年には大山純(Gtr.)が加わり、鉄壁の4人編成に。
2009年初の日本武道館公演が成功、2010年も屈指のLIVEバンドとして数々の夏フェスに出演、大舞台をおおいに沸かせた。
2011年初のセルフタイトルを冠したアルバム「STRAIGHTENER」を発表。
ソロプロジェクトentとしての活動も精力的に行うホリエ。
高いプレイヤビリティと秀逸なる音楽センスの良さ故、ジャンルを問わずひっぱりだこの日向は、Nothing’s Carved in Stone、EOR、killing Boyでも活躍をしている。
ナカヤマと大山も、another sunnydayを結成、すでに3枚のアルバムをリリース。
この4人が生み出す作品は、常に新たなる刺激と革新性に満ちあふれている。
2012年10月には、山田孝之主演テレビ東京系ドラマ24「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」オープニングテーマとなる表題曲を含む、ニューシングル「From Noon Till Dawn」をリリースし、話題となった。
メジャーデビュー10周年を迎えた2013年2月17日には、2度目となる日本武道館LIVE、【ストレイテナー10th Anniversary 2013.2.17 Live at 日本武道館 ‘21st CENTURY ROCK BAND‘】を敢行(SOLD OUT!)し、ファン投票で選ばれた上位30曲を3時間にわたって演奏。
5月1日には、初のベスト盤「21st CENTURY ROCK BAND」をリリース。
その後、6年ぶり2回目となる47都道府県ツアー「21st CENTURY ROCK BAND TOUR」(全52公演)を敢行。怒涛の10周年イヤーを駆け抜ける。
2014年、6月発売シングル「Super Magical Illusion」を皮切りに、多数のイベントライブ、夏フェスに出演。
9月発売シングル「冬の太陽 / The World Record」を経て、3年2か月ぶりのニューアルバム「Behind The Scene」を発売、オリコン初登場4位を獲得しデビュー11年目でありながら、更なる存在感を示した。

comming soon

エンディングテーマ

スピッツ
「雪風」

(ユニバーサル ミュージック/UNIVERSAL J)
4月15日(水)配信開始
エンディングテーマ (外部サイト)

COMMENT コメント

草野マサムネ

鈴井さんが手掛けるドラマ、自分たちが絡んでなくても絶対見てましたよ!ホントに光栄です。
登場人物が皆魅力的だから、仲間に入れてもらったみたいな気分で勝手に盛り上がってます。
雪の街が舞台なんで、九州育ちの男が妄想力フル稼働させて作りました。
バンド史上初?の記念すべき雪ソングです。

岡田将生

何度スピッツさんの曲を聞いて助けられたかわかりません。いつも暖かく僕の心を包み込んでくれました。
そんなスピッツさんがエンディングテーマになったと聞いた時は、身が引き締まりました。本当に素敵な曲です。このドラマも暖かく包み込んでくれてます。本当にこのドラマには奇跡が起きすぎてます!

鈴井貴之

去年の秋、久々にスピッツのライブをZepp Sapporoで拝見した。
自身のブログにも書かせてもらったがその時「僕はスピッツが一番好きだ」と思った。
メロディも歌詞も、4人が奏でる世界も、マサムネ君の声も、すべてが好きだと感じた。それはもう20年以上も前に感じたものと同じだった。
そして今回ドラマのエンディングテーマにはスピッツ以外考えられなかった。
恐れ多いとは思ったがダメもとで事務所へ自らメールを出した。
事が決まった時には思わず小躍りしてしまった。さらにこの「雪風」を初めて聴いた時、心が震えた。本当に震えた。
ドラマの最後を飾ってくれる最高の楽曲だと思う。
感謝の一言に尽きる。ドラマに合わせて曲をお願いしたが、今はこの曲にふさわしいドラマを仕上げなければと思っている。

PROFILE プロフィール

草野マサムネ(Vo/Gt)、三輪テツヤ(Gt)、 田村明浩(B)、﨑山龍男(Dr)の4人組ロックバンド。
1987年結成。1991年3月シングル『ヒバリのこころ』、アルバム『スピッツ』でメジャーデビュー後、1995年リリースの11thシングル『ロビンソン』、6thアルバム『ハチミツ』のヒットを機に、多くのファンを獲得。
以後、楽曲制作はもちろん、日本国内をくまなく廻る全国ツアーや、自らオーガナイズするイベント開催など、マイペースな活動を継続している。
2013年9月、14枚目となるオリジナルアルバム『小さな生き物』リリース直後に、横浜・赤レンガパーク特設会場で開催された単独野外ライヴ「スピッツ 横浜サンセット2013」が、初の劇場公開作品として全国順次公開中。
また、同年11月より開催された全53本に及ぶ全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物”』が映像化され、LIVE DVD/Blu-ray『JAMBOREE 3 “小さな生き物”』として、7月1日リリース予定。

ページTOPへ

  • 「不便な便利屋」公式twitterページ
  • 「不便な便利屋」公式Facebookページ
  • DVD
  • DVD/Blu-ray発売
  • DVD/Blu-ray発売

おすすめドラマサイト