ケータイ捜査官7(セブン)

バックナンバー

第45話 「明日未来」

2009年3月18日放送

間明(高野八誠)の企みによって、すべてのジーンに同時多発的に自我が芽生える。一方、アンダーアンカー本部には、捜査機器の押収を命じられた志村(勝野洋)と海斗(勝野洋輔)が派遣されていた。咄嗟の機転でセブンを取り戻したケイタ(窪田正孝)は、ふたりでジーンを止めるべく奔走する。自我が膨れ上がり、端末から生命体への成長を望むジーンは並列分散リンクを繰り返し、あらゆるコンピューターとネットワークを介して増殖。ついには確たる知的生命体となり、人間に語りかけてくる。「私たちが望むのは、完全に管理された平和な世界。そのためには――」意思を持った巨大コンピューターネットワークが、人類を“最適化”するプログラムを起動させた。