第13話 罠

麻薬撲滅を訴えるザメスカ議員が人里離れた場所で射殺される。現場に残されたストローの指紋から、
犯人は麻薬の売人の大物サイモンと判明するが、サイモンは身を潜めてしまい、捜し出すことが出来ない。
マッキーン副保安官が逮捕を急き立てると、ケプラーはサイモンを釣り出す作戦を提案する。
その作戦とはザメスカ殺害によく似た現場を捏造して、ザメスカ殺害犯の仕業に見せかけ、用意した犯人を
逮捕するというものだった。そうすれば嫌疑が晴れたと勘違いしたサイモンが姿を現すという筋書きである。
真相を知るのはマッキーン、ケプラー、キャサリン、ブラスの四人に限定され、偽の事件を本物らしく
見せるために、自らのチームも欺かなければならない。被害者役は麻薬課のおとり捜査官捜査官ホルスタインに
決まり、犯人役には、一件落着したら別の人生を用意してやると約束された小物の売人ラットが選ばれる。

罠
テレビ東京デジタル7chCopyright(C) TV TOKYO Corporation All rights reserved