キャスト

伊藤智弘|仲村トオル 写真

伊藤智弘 仲村トオル

「夏葉バッティングセンター」で毎晩のようにお客さんのスイングを眺めている謎の男性。バッティングを見ただけでその人の悩みや葛藤がわかるといい、そこにやって来る悩める女性たちを「野球論」で解決に導く。

コメント

Q.出演のオファーを聞いた時の感想をお聞かせください。
14歳だった夏に「自分にはプロになる才能が無い」とあきらめた野球を、約40年後にプロの役者として元プロ野球選手をやらせてもらえる幸せを感じました。

Q.関水渚さんの印象をお聞かせください。
映画『町田くんの世界』を観て、「すばらしい女優さんだ」と思いました。ドッジボールのようなキャッチボールができそうで共演がとても楽しみです。

Q.悩める女性を「野球論」で解決していく男・伊藤智弘という役柄の印象をお聞かせください。
昭和の町に一人はいた「人の事を他人事としない」、最早、死語かもしれない「おせっかい」に全力投球する時代遅れの男のように思います。AIに負けないくらい令和に必要な人だと思います。

Q.仲村さんは大の野球好きと伺っていますが、これまでの野球との関わり、また撮影で楽しみにしている事はありますか?
俳優の仕事をはじめてからも何度も野球をあきらめたことを後悔し、同世代のプロ野球選手を強く意識してきました。野球というスポーツの中には人生に役立つことがとても多くあると思っているので、出演してくださるスーパープレイヤーの方々から沢山いただけることがあるのではないか、と、とても楽しみにしています。

Q.視聴者のみなさまへメッセージをお願いします。
野球が好きな人には凄く楽しく、野球をそれほど好きじゃない人でも「野球、いいなぁ」と感じてもらえるような、見てくださった次の日にバッティングセンターに行きたくなるようなドラマにしたいと思っています。

キャストトップへ戻る

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト