ストーリー

  • 第8話 シーン1

12月9日(月)放送 第8話
最終回

和田寿史(藤木直人)は晴(中谷美紀)に「受け取ってほしいものがある」と切り出す。
和田が差し出したものは晴にとっても予想外のもので…。

経営企画部では、青柳悠馬(白洲迅)の社内起業重役プレゼンまであと2日に迫る中、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)から新たな命が下る。奈良空港建築事業で、公共機関が民間企業に建設・サービスなどを委託するPFIを実施することになり、この入札に五木商事も参加するというのだ。晴と藤尾(山中崇)を中心に部一丸となって、着々とプランを練っていく。
しかし、高山の部屋になぜか一乗寺秀人(忍成修吾)の姿が…。
高山は一乗寺の父である厚生労働大臣の一乗寺俊太郎(山田明郷)とのある「密約」を打ち明け…。

思い悩んだ一乗寺はある決意を胸に和田と晴の元へ…。
晴たちは果たして様々な困難を乗り換え、商社パーソンとしての誇りを守れるのか?

ゲスト出演者

  • 一乗寺俊太郎山田明郷厚生労働大臣

フォトギャラリー

すべての画像を見る

バックナンバー

番組を見逃した!そんな時は

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト