イントロダクション

あらすじ

あの日は、誰もがいつもと変わらない1日だと思ってた。

あらすじに関する画像

福島県双葉町で暮らす少女・沙衣。
ある日、家族や愛犬・チョコと一緒にスパリゾートハワイアンズを訪れた時、フラを踊る女性を見てすっかり夢中になる。
時が流れ、2011年3月11日。
スパリゾートハワイアンズに入社しフラガールになる夢を叶え日々を満喫していた沙衣(瀧本美織)。しかし、ショーが終わり、楽屋で休憩をしていた午後2時46分、東日本大震災が起こり、平穏だった日常は一変する。

地震の影響で交通や通信が混乱するホテル内、支配人の長谷田武志(伊原剛志)は客の要望にできる限り応えるよう従業員に指示を出す。沙衣は同期の竹沢かすみ(波瑠)、や先輩の島野日佳理(笹本玲奈)らと家族からの連絡を待ち、家族や愛犬のチョコに思いを馳せる。

あらすじに関する画像

そのころ、双葉町の森田家では、父・善光(田口浩正)、母・あや乃(中原果南)、姉の愛海(佐藤めぐみ)ともに無事だったが、“地震による二次被害警戒”のため、一時避難するよう警報が出される。やっと家族と連絡が取れた沙衣は、翌朝、家族が待つ避難所に駆け付けるが、そこにチョコの姿は無く取り残されたチョコを思い泣き崩れる。
沙衣のそばにはいつも家族と愛犬のチョコがいた。
入社したての頃、思うように踊れず、講師の吉本美那子
(菊池桃子)に怒られ実家に帰った日や、辛いことが
あるたびにチョコは励ましてくれたのだった。

震災の影響で過酷な状況を強いられる沙衣やフラガールのメンバーたち…
しかし、落ち込んでばかりではいけないと
講師の美那子の呼びかけでフラガールたちも再開を信じて練習を始める。

あらすじに関する画像

そんな中、日佳理の発案で、避難所への慰問、そして、「フラで日本中を元気に、笑顔にしたい」と全国各地で無料公演を行う「フラガール全国きずなキャラバン」をスタートする。 福島の復興のため、スパリゾートハワイアンズ再開のため、沙衣をはじめフラガールズたちは悲しみや苦しみを笑顔に変えて、46年前のフラガールたちがそうしたように、全国各地へと向かう。
しかし、そこには想像以上の苦難が待ち受けていた。

原作紹介

画像:祓川学 「フラガールと犬のチョコ」(ハート出版刊)

祓川学
「フラガールと犬のチョコ」

(ハート出版刊)


制作

【脚本】関えり香

【監督】神徳幸治

【製作】テレビ東京 BSジャパン ファインエンターテイメント

ページの先頭へ戻る

フラガール

フラガールと犬とチョコ 公式ツイッター(外部サイト)

フラガールと犬とチョコ 公式facebookページ(外部サイト)

NEWS 最新情報

2015.12.11
BSジャパンでの放送決定!
2015.03.05
キャストページを公開しました。
2015.03.04
ミニ枠&番宣番組情報
2015.03.04
ゲスト出演情報
2015.03.04
サイトがオープンしました!
 
最新情報一覧を見る