テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年03月20日

ナレーターは阿川佐和子が担当!さらに小栗旬がムロツヨシにドッキリを決行?!なんと、福田雄一&蜷川実花がサプライズ出演!「二つの祖国」


テレビ東京では、今年3月、開局55周年を記念した大型特別番組としてテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」を、2夜連続で放送致します。

この作品は、発行部数250万部突破の大ベストセラーである山崎豊子著『二つの祖国』を民放で初めて映像化するもので、平成最後の山崎豊子ドラマとなります。1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本を舞台に、歴史に翻弄されながらも、激動の時代を生き抜いた若者たちの、愛と奇跡の物語を豪華キャストで壮大なスケールで描くヒューマンドラマです。

主演は、テレビ東京ドラマ“初”主演となる小栗旬。日系二世で、ロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社「加州新報」の記者である主人公・天羽賢治役を熱演します。アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持つ賢治(小栗)と、ムロツヨシ演じる、アメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮。

数々の作品で共演を果たしてきた小栗とムロが、これまでとは全く違うシリアスで微妙な人間関係を演じます。火花を散らすが如くの、バチバチの対立劇は必見です。その他にも、超豪華俳優陣の共演が決定したことは既報の通りですが…

ナレーターを、作家の阿川佐和子が担当!

作家としてだけではなく、インタビュアーとして、番組の司会者として活躍。さらに2017年には連続ドラマ初出演を果たすなど活動の幅を広げ続ける阿川佐和子が、山崎豊子作品をさらに盛り上げます!

撮影中にドッキリを決行!撮影本番に出演者として紹介されたのは…
有名2大監督!福田雄一&蜷川実花!
しかも仕掛け人は小栗旬!知らなかったのはムロツヨシだけ!


ムロツヨシを驚かせ、そして冷や汗をかかせるために決行された今回のドッキリ。というのも、福田と蜷川が撮影に挑んだこのシーンは、ムロ演じるチャーリーが婚約者である小松原玲子の両親の前で、自分が唯一弾ける楽器であるハモニカを冷や汗をかきながら披露するという重要なシーン。

「どのような役柄もスマートに演じるムロさんが、どうしたら一番冷や汗をかくだろうか。。。?」という現場の試行錯誤の末、小栗とタカハタ監督が、これしかない!と発案したアイディア。

婚約者の父、小松原彌之助役として紹介されたのは映画『銀魂』やテレビ東京のドラマ24『勇者ヨシヒコ』シリーズなどコメディ作品の監督・福田雄一!またその妻を演じたのは写真家で、小栗が主演する映画『人間失格』など数々の作品で映画監督も務める蜷川実花

小栗と旧知の仲の豪華監督2人が、出演者としてまさかの登場!に、ムロは「嘘でしょ?何やってるの?本当に?…似てるなあって思ってた…何してるの!?」「ダメじゃん!だって山崎豊子先生の原作だよ!?」と相当な動揺をみせました。

小栗が企画したサプライズは大成功。撮影現場はしばし笑いに包まれました。なお何度も福田作品に出演しているムロですが、蜷川とは初対面とのこと。奇跡の4ショットが実現したこの貴重なシーンにも、ぜひご注目下さい!

「二つの祖国」の狭間で、戦争という運命に翻弄されながらも、
決して諦めることなく家族の絆と信じた愛を貫き、自らの祖国を探し求めた
日系移民たちの怒涛の人生を、壮大なスケールで描き出す大河巨編


日本人が移民としてアメリカへと海を渡ってから150年が過ぎる節目の2019年。「昭和・平成」という一つの時代が終わろうとする時だからこそ、日系二世の若者たちが自らのアイデンティティを求めて懸命に生き抜いた様を描くことで、私たちの国「日本」を改めて見つめ直す。見る者の魂を揺さぶる感動のヒューマン超大作をお楽しみに!!

<サプライズの様子>
将校ラウンジのシーンにて、小栗の仕込みでムロにサプライズを決行。華族の小松原彌之助夫妻とその令嬢・玲子の前でハモニカを披露するというとても大事なシーンの前だったが、スタッフに呼びこまれ、小松原夫妻役の出演者として現れたのは…!

スタッフ:段取り前にご紹介させていただきます。福田雄一監督と蜷川実花監督です!

ムロ:はあ??嘘でしょ?何やってるの?本当に?…似てるなあって思ってた…何してるの!?(ドラマに)関係ありましたっけ?ダメじゃん!だって山崎豊子先生の原作だよ!?なにしてるの?絶対ダメだって!すごい緊張してたのに!タカハタ(秀太監督)さん、ダメだって。違う騒ぎ、違うざわつきだって!

福田:知ってるじゃん、俺セリフ言えないの。

ムロ:言えない、言えない。口震えちゃうから!(蜷川監督に)初めて会うのがこのタイミングって!!

蜷川:どうも、初めまして!


《あらすじ》
アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、UCLAで学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。賢治は社説で「良き日本人たろうと努力することが、立派なアメリカ市民たり得る」と説き、自らもその生き方を貫こうとしていた。

職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と交際しており、賢治は2人の交際に複雑な思いを抱きながらも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚した。

だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変する。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られ、不自由な生活を強いられる。やがて、日系人の中からアメリカ陸軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うか、選択を迫られる。

賢治の末の弟・勇(新田真剣佑)は日系人部隊に志願し、賢治は情報戦で戦争を早期終結させようと、陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の仕事に就く。一方、開戦当時に日本で教育を受けていた弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵され、フィリピンの戦地へと送られる。そんな中、賢治も語学兵のリーダーとしてフィリピンへ向かうが…。
日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは…!?

《番組概要》
【番組名】テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」
【放送予定】2019年3月23日(土)、24日(日) ともに夜9:00~11:24 2夜連続放送
【原作】山崎豊子『二つの祖国』(新潮文庫刊)
【脚本】長谷川康夫(「なぜ君は絶望と闘えたのか」「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」「柘榴坂の仇討」「起終点駅 ターミナル」)
【音楽】稲本響
【出演】小栗旬 多部未華子 仲里依紗 高良健吾 新田真剣佑 ムロツヨシ / 池田エライザ 橋本マナミ 原菜乃華仲村トオル 田中哲司 柄本佑 甲本雅裕 リリー・フランキー 中村雅俊
ビートたけし 笑福亭鶴瓶
余 貴美子 泉谷しげる 麻生祐未 松重豊
【監督】タカハタ秀太(「ホテルビーナス」「原宿デニール」「赤めだか」)
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京)北川俊樹(テレビ東京)藤尾隆(テレパック)河原瑶(テレパック)
【制作協力】テレパック
【製作著作】テレビ東京
【放送局】テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)

【番組HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/futatsunosokoku/
【Twitter】https://twitter.com/sokoku_tvtokyo


山崎豊子『二つの祖国』(全 4 巻、新潮文庫刊)

関連サイトはコチラ