開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2010年5月18日放送

江戸時代の基盤

鑑定依頼人大橋巨泉さん
鑑定士 吉田光義
ジャンル 近代工芸
本人評価額¥ 1,000,000
エピソードお宝はジャズシンガーである娘さんがファンの方に頂いたモノ。
しかし特に囲碁に興味があるわけでもなく、なんで碁盤をくれたのかわからないという。価値があるかどうか、巨泉さんのところに持ってきたが、巨泉さんも将棋は好きだが、囲碁はルールもわからないという。裏には『明和7年庚寅』『本因坊察元』の文字と花押が入っているが、果して価値があるものなのか?
シェアする

鑑定士総評

一尺四寸五分×一尺三寸五分×高さ七寸八分、盤面の縁取りが三寸という、江戸初期に作られた碁盤。当時最高級品とされたカヤ材が使われ、丸太を直径ではなく半径で切り出す「天地征」という切り出し方を用いている。年輪が芯側から表皮側まで常に均等に育っており、異質な部分がないので堅さや打った時の音が一定となる。足の形も細く、女性の方や腰を思わせる大人しく、優しい形。碁盤としての価値30万に、察元の資料的価値20万を足してこの値段。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2010年5月18日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト