開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2011年11月22日放送

愛新覚羅溥儀のノート

鑑定依頼人フョードロフ・パーベルさん
鑑定士 田中大
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 1,000,000
エピソードパーベルさんは、ロシアのハバロフスク出身。立教大学に留学し、政治学で博士号を取得。現在は日本で政治学者として活躍している。
お宝は、ロシア時代の恩師から遺品として受け継いだもの。その先生は中国語も堪能で、中国のある要人の通訳を務めたため、今回のお宝をプレゼントされたという。中にはイラストを交え、様々なことが書かれているが、古い中国語のため、中国人の友人に見せても全く読めない。果して直筆なのか?そして一体何が書かれているのか?
シェアする

鑑定士総評

中国の溥儀研究会という所に、依頼品に酷似したノートがある。溥儀の皇后である婉容の弟・潤麒の証言によると、そのノートの絵は潤麒が描き、字は溥儀が書いたという。そのノートと依頼品を比べてみると、同じような装丁で方眼紙に書かれており、間違いなく依頼品は一連のノートの一冊と言える。絵は同一人物(潤麒)の手になるものだろう。字は依頼品と溥儀研究会のものでは書き方が異なっており、依頼品の字は溥儀の自筆ではない。当時ハバロフスクの収容所で、溥儀の周辺、一族の何人かが共同でこのノートを作り上げたのだろう。とはいえ溥儀がハバロフスクにいた5年間についてはあまり知られておらず、非常に貴重な資料と言える。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2011年11月22日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト