開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2015年6月16日放送

樋口一葉の書簡2通

鑑定依頼人小原昭人さん
鑑定士 東原武文
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード平塚で焼肉店「大衆焼肉」を経営しており、今年で開店50年を迎えた。店名の通り、料金は庶民的で、人気メニューはジンギスカン。お宝は、祖父が遺した品。ある時、父が書いた「回顧録」を見ると、祖父が有名な小説家と交流があったという記述を見つけた。そこで今年の初め、その小説家ゆかりの品がないかと実家を探すと、小物入れの引き出しの中から今回のお宝を発見。ひょっとしたら貴重なものではないかと期待している。
シェアする

鑑定士総評

上段の封筒のついた手紙が400万円。下段は封筒と中身が違う。手紙が200万円、封筒が20万円。一葉の手紙は122通ほど遺されているという事が記録に残っているが、封筒がついて完全なものは30通もない。その中の2通がここにあるというのは奇跡的なこと。上段の手紙は身内に病人が出たりしたので手紙が書けなかったというお詫びの内容だが、下段の手紙は一葉が本当に怒って書いている。怒ると本音が出るので非常に貴重で面白い手紙。一葉に宛てた手紙におそらく失礼な事が書いてあったのだろう、『その日は眠れなかった』『嘲りと罵りとは私の一生の友人である』という意味の事が書いてある。男性に対してわりと厳しい見方をしていた人物なので、これほど心情を出した手紙はなかなかない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2015年6月16日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト