開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2016年3月8日放送

新島襄の書簡

鑑定依頼人犬飼恒夫さん
鑑定士 増田孝
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード大型の鮮魚店『前橋鮮魚センター』を営んでおり、週末には1日およそ500人もの客で賑わう。お宝は、群馬を代表する偉人の書簡。10年程前、馴染みの骨董商が、旧家の蔵から出たと言って勧めてきたもの。当初50万円だったが、値切って20万円で購入。10万円掛けて表装を直したが、手に入れたことで満足してしまい、その後は放ったらかしに。自宅に置き場がなく事務所の壁に立て掛けているが、従業員からはいつも「邪魔だから片付けてくれ」と言われている。もしも高ければきちんと飾るつもり。
シェアする

鑑定士総評

明治21年8月3日の手紙。中に出てくる「専門校」というのは後の同志社大学のことで、井上馨・大隈重信の賛同を得て事が順調に運んでいるということが書かれている。この年の11月にこれを受けて設立の話が大きく進む。キリスト教布教に相当力を入れて後進を育てているということがわかる内容だが、特に「松尾氏」という人物はまだ若手なのでぜひお心添えをしてほしいと頼んでいる。教会で説教をするときにだいぶ出席者が減っているようだが、松尾氏についても失望する恐れがあると書かれている。「失望」というところと「恐」の字に傍点が打ってあり、それが二重丸になっている。特にその部分を強調して書いてあるのではないか。大変内容の濃い手紙。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2016年3月8日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト