開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時49分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2016年8月16日放送

明治7年銘の貿易銀

鑑定依頼人安達正博さん
鑑定士 竹内俊夫
ジャンル 貨幣
本人評価額¥ 4,000,000
エピソード趣味は高校生の頃から続けている短歌。現在も週1度、友達と歌会を開いて楽しんでいる。お宝は25年前に骨董市で購入したもの。たまたま通りかかった神社で骨董市が開かれており、何気なく覗いてみると、大量の古銭を売っているお店があった。ほとんどが汚い古銭だったが、その中で一つきれいな古銭を見つけた。古銭に詳しくはなかったがどこか惹かれるところがあり3000円で購入。その後はずっとしまいっぱなしで存在すら忘れていたが、最近片付けをしていたら出てきた。調べてみると、とても珍しく高価な物だと分かりびっくり!
シェアする

鑑定士総評

わかりやすい偽物。明治7年銘の貿易銀は試鋳貨としてごく稀に存在し、2011年にアメリカのオークションで30万ドルの値をつけている。明治7年銘の貿易銀は明治8~10年のものと全く同じデザインだが、依頼品は明治7年に発行された1円銀貨のデザインになっている。本来は420グレイン(27.22グラム)のはずが、依頼品はだいぶ軽い。本物はプレスで作られ非常にシャープな出来なのだが、依頼品は鋳造されたもので、非常に面も荒れている。「銀に丸印」の刻印がある。明治30年に1円銀貨や貿易銀を一回回収し、台湾や朝鮮で需要があったためにこの刻印を押して再度輸出した。本物は試鋳貨なのでこの刻印が押されることはありえない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2016年8月16日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト