開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年10月16日放送

刺繍絵画の屏風

鑑定依頼人田幸袈佐昭さん
鑑定士 大熊敏之
ジャンル 近代工芸
本人評価額¥ 800,000
エピソード18年前まで長野県須坂市で創業100年を誇る老舗料亭「能登伊」を経営する傍ら、料理長を務めていたが、後継者不在のため閉店。しかし、当時開発した人気メニュー「牛ずし」の味を後世に伝えるため、月に1度、長野県の様々な場所で講習会を行っている。お宝は料亭の創業者である祖父が遺したもの。祖父は大の骨董好きで、自慢の品を店に飾っていた。たまたま食事に訪れた骨董商に「この店には名品ばかりあるね」と言われたことがあるが、これもその一つ。祖父が残した骨董の中でも一番立派なので、とても期待している。
シェアする

鑑定士総評

刺繍絵画は明治の末から大正の前半ぐらいまでで絶えてしまったため貴重。また、ほとんどの作例がアメリカ、イギリスに売られ、日本では手に入らない。作者、工房は不明。桜の枝の描き方は円山四条派の画風を示しているが、京都系の作風であれば、孔雀の羽ももっと厚く織り込んでいるはず。依頼品は地が透けて見えるので横浜系ではないか。刺繍は糸がぼろぼろになってしまっているものが多いが、これは糸が切れていない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年10月16日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト