開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時49分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2018年10月30日放送

荒川豊蔵の志野茶碗

鑑定依頼人金子智恵子さん
鑑定士 中島誠之助
ジャンル 焼き物・茶道具
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード目の不自由な方が新聞や本などの文字情報を耳で楽しめるように音声録音する「音訳」のボランティアをしている。お宝は、亡き父が遺したもの。ベアリング製造会社の社長だった父は、お金に困った知人に物事を頼まれると放っておけないお人好しだった。この茶碗も50年程前に知り合いの社長に頼まれて購入。そもそも父は焼物に全く興味がなかったため、お茶を習っていた母が稽古で使っていた。するとそれを見た先生から「気安く使うなんてとんでもない!大事にしまっておいた方がいいですよ」と諭されたため、以来 価値あるものではないかと思うようになった。
シェアする

鑑定士総評

荒川豊蔵70歳頃、昭和40年代前半の作ではないか。高台から垂直に立ち上がって、かすかな凹凸を見せながら口縁がきゅっとすぼまっている。練込技法によって白い筋が生まれ、その筋がぐるっと茶碗を一巡りして川の流れを思わせる豊かさを見せている。粗い長石釉を掛けて、まるで砂糖が溶けたようで、一部はかいらぎが見えている。高台を見ると、鉄分を含んだ赤い土が箆削りで荒々しく削り取られていて、豊蔵の精神がきゅっとこもった良い茶碗。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2018年10月30日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト