開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2020年9月8日放送

高岡銅器

鑑定依頼人荒俣友季夫さん
鑑定士 大熊敏之
ジャンル 近代工芸
本人評価額¥ 5,000,000
エピソードテコンドーをやっている長女・美月さん(18歳)の試合を必ず見に行き、ビデオカメラで撮影。より強くなるためのアドバイスをしており、その甲斐あってか、美月さんは全国大会ジュニア部で何度も優勝を果した。お宝は去年、父から譲り受けたもの。父は大の骨董好きで自宅の至る所に収集品が置かれている。そのため家族はみな辟易していたが、自分だけは子供の頃から何となく興味を持ち、自慢話を聞いていた。すると去年、1点譲ると言われ今回のお宝を選んだ。父曰く「コレクションの中でも3本の指に入る名品」とのことだが、本当かどうか価値を知りたい。
シェアする

鑑定士総評

関沢卯市の作品に間違いない。明治23年の第3回内国勧業博覧会の褒状受賞作。象嵌は宝相華唐草文で、口の縁は唐草文。明治20年代前後から古代文様といって正倉院文様を基にした古風な文様が流行り、エキゾチックであるということで海外で受けた。脚がバランスよく作られていて、花を大きく盛ったとしてもバランスが崩れないような工夫がされている。箱があって褒状が残っていれば1500万。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2020年9月8日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト