開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2021年4月27日放送

徳川家康の書状

鑑定依頼人濱田浩一郎さん
鑑定士 増田孝
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード歴史家として古典の口語訳や小説を手がける一方、執筆の合間を縫って「武士メシ作り」にハマっている。お宝は、4年前ネットオークションで発見した物。出品価格は1000円だったが、写真を入念にチェックし本物と確信。しかし落札終了日当日、値段は競り上がり40万円に。奇しくもイタリアに新婚旅行へ行く前夜であったため、これ以上お金を注ぎ込んでいいものかと全身汗だくに。そのただならぬ気配に気づいた妻から「そこまで欲しいのなら落札すべき!」と背中を押された。55万円で落札!本物だと自信はあるが、万が一偽物だったらとんだ赤っ恥。
シェアする

鑑定士総評

本物。家康が確実に自筆を振るっているのは花押の部分。堂々たる、将来天下を制覇する花押。文章は自筆か右筆かは難しい問題だが、家康に関してはそこまで研究が至っていない。家康もかなり上手であったとも考えられるし、右筆が書いた可能性もあるので現段階では決められない。残念なのは、手紙の前半が切断されている。依頼品は文章の後半。なぜこのようなことをしたかと言うと、江戸時代以前はこれを一幅の絵として飾るという考え方があった。徳川家康の花押が真ん中にあるということが大事で、文章は二の次三の次という結果このようになったのではないか。全体が揃っていたら250万円ぐらいはするであろう。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2021年4月27日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト