開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2021年4月27日放送

北大路魯山人作 織部草絵向付6枚

鑑定依頼人楠見一徳さん
鑑定士 中島誠之助
ジャンル 焼き物・茶道具
本人評価額¥ 5,000,000
エピソード50年来の骨董好きで、8年前自らのコレクションを飾ったギャラリーカフェをオープンするも、全く客が訪れず3年前に閉店。現在は店の片付けや自らのコレクションを手放すなど断捨離作業を進めている。お宝は、20年前、知り合いの骨董商が「良い品が入った」と持ってきた物。お宝のような「新しい」作家の品には興味はなかったが、一目見るなりその美しさに釘付けになり250万円で即決。ギャラリーカフェでは悔しい思いをしたので、自身の骨董人生のフィナーレを鑑定団で華やかに飾りたい。
シェアする

鑑定士総評

昭和20年代後半の作品。たたらと呼ばれる粘土の板を丸く削り取って、角材を横にしてちょっと押して周りを軽く持ち上げ簡単な造作だが器としての完成度は実に高い。魯山人の器は縁を見ろ、と言われるように、ざっくり削りとったところに力強さがある。透明度の高い織部釉を桶に入れて皿を片側だけ漬けて、余白に鉄絵をたっぷり含ませた絵筆で骨太に草を描いている。魯山人はこの器に何を乗せようとして作ったかを考えるのが楽しい。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2021年4月27日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト