開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時49分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2022年3月1日放送

良寛の書

鑑定依頼人髙島基子さん
鑑定士 田中大
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 2,000,000
エピソード新潟市の岩室温泉旅館「高志の宿 高島屋」女将。温泉の特徴である黒湯は、その名の通り色が真っ黒。江戸時代は庄屋を務めていたが1950年旅館として創業。棋聖戦の対局会場にもなっている。お宝は、江戸時代後期の有名な僧侶にまつわるもの。先祖と親交があり温泉の由緒である「雁が傷を癒した温泉」にちなんで残してくれたらしい。ただし偽物も多いため本物かどうか半信半疑。旅館に飾ってはいるものの、お客さんに対し、曖昧な言い方でしか説明できないためもどかしい。この際価値をはっきりさせたい。
シェアする

鑑定士総評

本物に間違いない。良寛は生前から非常に人気があり、当時から贋作があって鑑定が難しい。一番問題なのは印章を押していない。全体の雰囲気はやや控えめでアンバランス。非常に良寛らしい。代表作に「いろは」「一二三」があるが、とても似通った雰囲気がある。特徴的なのは、点が楕円形になる。例えば「泉」の下の水の入りが、綿棒のような形になっている。酒の歌の詞書に、当時の髙島屋の主人と交流があったことが文献に残されている。伝来、由来がはっきりして世に出てくることは大変珍しい。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2022年3月1日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト