開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時49分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2022年6月21日放送

斎藤真一の油絵

鑑定依頼人増山善則さん
鑑定士 山村浩一
ジャンル 西洋画・彫刻
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード5年前、取引先の社長に祇園のスナックに連れて行ってもらったところ、すっかり気に入り常連に。ある日、いつものように訪れると、ママが「運転資金が苦しいので、趣味で集めた絵を買ってくれないか」と言ってきた。「もし店が潰れたら飲みに行く所がなくなるし、ママを助けるつもりで」絵を購入した。すると、その後も店を訪れる度に絵や骨董を勧められ、結局8点買って合計200万円程支払った。中でも、特に気になっているのが、ママが『これはスゴイ画家が描いた名品だ!』と豪語していた小さな絵。結局、その店は潰れてしまったが、本当にママが言っていたように価値があるものか知りたい。
シェアする

鑑定士総評

本物。タイトルが「川辺の映画館」。斎藤真一は洗練された色彩感覚をもって独特の世界観を描き出す画家。人物は原色の強い赤をストレートに使っている。左の幟も赤。この赤が等間隔に置かれていることによって画面にまとまりが生まれる。対して背景の街並みや風景の色遣い、川、空の部分はブルー、緑で、その色調の変化が情緒的な哀愁を醸し出す。作家の実際の記述の中に「自分が幼い頃住んでいた近くの川沿いに映画館ができて街の新しい装いが生まれた」と残っている。つまり思い出の景色。たいへん内容の良い作品。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2022年6月21日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト