ラジオ局に勤務する直子(内山理名)は、仕事に追われる日々を送っていた。
ある日、直子は歯磨き中に口内から大量に出血してしまう。診察を受けた結果、医師の田村(渡辺いっけい)から、「慢性骨髄性白血病」と診断される。命を救うには、白血球の血液型・HLAの適合者から、健康な骨髄液を提供してもらう骨髄移植しかないことを告げられた。しかし、日本には骨髄バンクがなく、適合者を探すのは困難だった。そのため田村は、親子ではほぼ適合しないが、兄弟間なら4分の1の確率で適合することから、姉の検査を薦める。そして、慢性期から急性転化に移行すれば、移植はできず死を待つしかないことも付け加えられた。

 直子は自覚症状がなく、病魔に侵されていることを受け止められず、愕然としていた。
緊急入院した直子は、白血病の小学生・由美(美山加恋)と出会う。中学入学を控えた由美は、本当の病名を知らないまま治療に耐えていた。2人は、すぐに仲良くなった。
そんな中、職場の先輩・門脇(永井大)が見舞いに訪れる。門脇は、直子の元気な様子に安堵し、以前から彼女に想いを寄せていたことを告白。直子も同じく彼を好きだったことから、2人は付き合うことに。
さらに嬉しい出来事は続き、アメリカに住む看護師の姉・桂子(原千晶)が、骨髄検査のために帰国。検査の結果、直子HLAと適合することが判明して、移植ができることに一同は喜ぶのだった。

そんなある日、由美のもとに三沢(内藤剛志)が見舞いにやってきた。
彼もまた白血病患者で、抗がん剤治療を終えて自宅療養中だという。驚くことに、白血病に苦しむ人々を救いたい一心から、日本初の骨髄バンク設立に向けて尽力していた。直子は、自分だけ移植できることに割り切れなさを感じ、由美のドナー探しのために、運動を手伝うことを決意。病院を抜け出しては、設立運動の会合に参加した。


ところが、不運な出来事が起こる。
桂子の髄液を精密検査した結果、わずかなズレが見つかり移植を見合わせることになったのだ。直子は生きる希望を失い、自暴自棄になる。骨髄バンク設立運動も投げやりになるが、白血病に侵されながらも、白血病患者全体のことを考えて骨髄バンク設立に向けて奮闘する三沢の姿に励まされ、再び行動を起こす。そして、HLA専門医師・柿沢(中村梅雀)と出会い、直子両親とHLAが適合している可能性があることを知る。

さっそく母・智代(竹下景子)が検査したところ、直子のHLAと適合して喜びに沸く。
ところが直子は、発熱とだるさを覚え、急性転化したことが判明。母は、適合したのに移植ができないことを嘆く。田村医師は、移植しても99パーセント助かる見込みがないことを告げるが、他に命を救う方法がないことから、わずか1パーセントの可能性にかけて移植を決断する。

そして直子は、移植に備えて投薬を受ける日々に入る。家族と恋人の門脇に支えられて治療に耐えるが、抗がん剤治療で髪は抜け落ち、激しい嘔吐に襲われて肉体はおろか、精神的に弱くなる自分と闘っていた…。


  いよいよ骨髄移植の日がやってきた。直子は、HLAが適合した母親の骨髄液を移植されて手術は成功。術後の経過も順調で、3ヵ月後には退院できるまで回復した。
直子は、生きていることに喜びを感じ、同じ病に苦しむ人々の為に、骨髄バンク設立に向けて奮闘する。

しかしその先にも、恋人・門脇との破局、由美のドナーが幸運にも見つかるものの家族の反対により断念、設立運動の中心的存在だった三沢の死…など、様々な出来事が様々な出来事が待ち受けていた…。