放送バックナンバー

テーマ
梅薫る 湯島さんぽ
ゲスト

かとう かず子

放送内容

<VTRで紹介した場所・お店>
○湯島天満宮(湯島天神)
創建は古く、雄略天皇2年(458)と伝えられる。
菅原道真を祀るこの神社は、学問の神様として別名湯島天神としても広く知られている。
当宮の富くじは文政9年(1812)に目黒不動とともに幕府に公許され、谷中の感応寺をくわえ、江戸の三富と称しにぎわった。
住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話:03-3836-0753
【 拝観時間 】6:00~20:00 ※拝殿(賽銭箱)前にてお詣り頂ける時間
【 拝観料 】拝観無料

○本郷三原堂 
昭和七年創業の老舗和菓子屋。
<VTRで紹介した商品>
・湯島の白梅(ゆしまのしらうめ)
湯島天神の梅にちなんで、梅の花の形をしている。
餡は、小豆、梅、白隠元(しろいんげん)の3種類。小豆は、十勝産のつぶ餡を使用。
1個 200円(※2月末まで販売 無くなり次第終了)

・桜の最中「播磨坂(はりまざか)」 1個150円
餡は、小豆とチェリー餡の2種類。(※3月から販売)

住所:東京都文京区本郷3-34-5
電話:03-3811-4489
営業時間:月~土 9:00~19:00祝日10:00~18:00
定休日:隔週日曜日

○菊岡三弦店
三味線の専門店として、主に長唄の三味線を中心に製作販売致している。
住所:東京都文京区湯島3-34-2
電話:03-3831-1787 
営業時間 9:30~18:00
定休日:日曜・祝日

○井泉 本店
昭和5年創業。かつサンド発祥の店。
<VTRで紹介した料理>
・ヒレかつ定食 1,800円
・ヒレかつサンド(9切れ)1,250円
住所:東京都文京区湯島3-40-3
電話:03-3834-2901
営業時間: 
平日 11:30~20:50
日・祝祭日11:30~20:30
定休日:水曜日

○笠原銀器製作所 
昭和31年文京区本郷に笠原銀器製作所として仕事をして現在に至る。
<VTRで紹介した商品>
・純銀 吊り花器 350.000円
・純銀製 壺 114,000円 
・純銀製 漆塗りコップ 70,000円
※材料の値上がりで価格変動する事がある
住所:東京都文京区本郷3-12-8
電話:03-3812-0134
販売時間:10:00~18:00
定休日:土・日・祝日

○日本サッカーミュージアム
日本サッカーミュージアムには、90年を超える歴史の中で手にした輝かしい功績、
そして今日の隆盛を築いた先駆者の軌跡を辿る貴重な資史料が数多く所蔵・展示されている。
住所:東京都文京区サッカー通り(本郷3-10-15)JFAハウス
電話:03-3830-2002
営業時間:
火曜日~金曜日13:00~18:00(最終入場17:30)
土日祝日・特別営業時間10:00~18:00(最終入場17:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入場料:一般大人500円 小中学生300円

○おりがみ会館 
1859年創業の千代紙の老舗「ゆしまの小林」が運営するおりがみ専門店。
・おりがみギャラリー
おひなまつり ~おりがみ会館所蔵作品より~
平成25年1月8日(火)~3月2日(土)まで
・ミニ講習 525円
雛人形のポストカード (※3月3日まで)
・お雛様おりがみキット
たま雛 735円  
胡蝶源氏雛 1575円

住所: 東京都文京区湯島1-7-14
電話:03-3811-4025
営業時間:9:30~18:00 ギャラリー10:00~17:00
休館日:日曜・祝日

○ちゃんこ 一の谷
元・高砂部屋の一の谷さんが現役引退後に開業した『ちゃんこ一の谷』。
東京・外神田に店を構えて30年以上になる。
<VTRで紹介した料理>
・たいのつみれちゃんこ 3,150円
住所:東京都千代田区外神田2-13-4
TEL:03-3251-8500
営業時間:17:30~23:00
定休日:日曜、祝日

○きたろう
関西風をアレンジしたオリジナル秘伝だしのおでん。路地裏なる隠れた名店。
<VTRで紹介した料理>
・トマト 400円
・おでんだし あさりうどん 850円
住所:東京都台東区上野1-8-7
電話:03-3839-3911
営業時間:月~金17:00~23:00
土17:00~22:00
定休日:日・祝

 

○湯島天満宮 梅まつり
■開催期間
平成25年2月8日~3月8日
入園時間:8:00~19:30(入園無料)
■主な催し物(土・日・祝日)
湯島白梅神太鼓・在日中国雑技団・
神輿渡御・野点(お茶券500円)・講談・落語・その他奉納演芸
カラオケコンクール
住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話:03-3836-0753

○湯けむりスポット
「栃木:奥鬼怒温泉 加仁湯」
奥鬼怒四湯のひとつ。自家源泉を5本持っていて、
温度も泉質も違うその5本を混ぜたり分けたりして風呂を作っている。
<温泉>
泉質…含硫黄・ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉
効能…神経質・筋肉痛・関節痛など
<料金>
日帰り入浴料 大人500円 子人300円(小学生まで)
宿泊 一泊二食付き…12,750円~
住所:栃木県日光市川俣871
電話: 0288-96-0311
営業時間 :チェックイン 13:00 ごろ / チェックアウト 10:00 
無休
<交通>
【車】 
今市ICから鬼怒川温泉~川治ダムコース(国道121号線利用) → 女夫渕(めおとぶち)
女夫渕より先(スーパー林道)は一般車両は通行できません、 それより先は遊歩道ハイキングコース又は加仁湯送迎バスをご利用下さい。
女夫渕より徒歩1時間20分・加仁湯送迎バスで約25分

【電車】
東武鬼怒川線 鬼怒川温泉駅下車 日光市営バス 女夫渕(川俣・女夫渕温泉行き 終点)
女夫渕より徒歩1時間20分・加仁湯送迎バスで約25分
※日帰り温泉のみの利用は徒歩のみ

ネットもテレ東