放送バックナンバー

テーマ
体の老化は腸から始まる!“腸年齢”若返りの秘密
ゲスト

■ゲスト・・・川上 麻衣子
  
■専門家・・・小林 弘幸
順天堂大学 病院管理学研究室 (併任)総合診療科 教授
順天堂医療安全対策室 室長
日本内視鏡外科学会(評議員)
日本胃癌学会(会長)
国際胃癌学会(事務総長)

順天堂大学に日本初の便秘外来を開設し、これまで1万人以上もの便秘患者を診察している自律神経研究の第一人者でもあり、自律神経のバランスを意識的にコントロールすることで心身のパワーを最大限発揮できると主張。

放送内容

■腸年齢チェック アンケート

(1)普段の便の色は?
A 黄土色     -3歳
B 茶またはこげ茶 0歳
C 黒に近い茶色  +3歳

(2)普段の便の形は?
A 太く永いバナナような形 -3歳
B バナナより小さめ細め    0歳
C 水っぽく泥状、硬くコロコロした形  +3歳

(3)トイレに行くときの便意は?
A いつも強く感じる    -3歳
B それほど感じなくても行くことがある  0歳
C トイレに入っても感じないことがある +3歳 

(4)1週間に便が出る頻度は?
A ほぼ毎日       -3歳
B 3回から5回      0歳
C 2回以下       +3歳

(5)トイレに入ってから便がでる
A 1分以内     -2歳
B 1分から3分ぐらい 0歳
C 3分以上     +2歳

(6)便が出る時間帯は?
A 毎日同じ時間帯にでる -2歳
B ほぼきまった時間帯に出る 0歳
C バラバラで不規則   +2歳

(7)便をした後 残便感は?
A ない     -2歳
B 時々ある    0歳
C よくある   +2歳

(8)便が臭い、または家族などから臭いと いわれることがあるか?
A 臭くない    -2歳
B 時々臭い    0歳
C いつも臭い   +2歳

(9)運動は?
A 週2回以上   -1歳
B 週1回以下   +1歳

(10)睡眠は?
A 6時間以上   -1歳
B 6時間未満   +1歳

(11)ストレスは?
A あまり感じない方 -1歳
B よく感じる方   +1歳

(12)朝食は?
A 必ず食べる     -1歳
B 食べないことが多い +1歳

(13)食生活は?
A どちらかというと野菜中心 -1歳
B どちらかというと肉中心 +1歳

(14)食事時間は?
A 規則的に食べる  -1歳
B 不規則である   +1歳

(15)発酵食品は?
A 納豆やヨーグルトチーズなどの発酵食品を毎日食べる  -1歳
B あまり食べない      +1歳

(16)リラックスする時間は?
A 半身浴や音楽鑑賞など意識的に作っている   -1歳
B あまりない       +1歳

(17)タバコは?
A 吸わない   -1歳
B 吸っている  +1歳

(18)水分は?
A 1日1リットル以上 -1歳
B 1日1リットル未満 +1歳

■便秘の3つのタイプ
(1) ぜん動不全型
腸の動きが悪いため便があちこちに滞留した状態。
便が異常発酵を起こして悪玉菌が増え、腸が老化してしまう。

(2) 直腸型
便が直腸まで行っているのに、 脳に排便の指令が送られないことによって起こる。
便意を我慢する事が続くと、 脳との連携がうまくいかなくなる。
(3) 緊張型
過度なストレスを感じることによって。
自律神経のバランスが崩れ、腸の働きが悪くなる。


■腸
体の免疫細胞の約6割が存在。
体に入ってきた物を吸収するかを判断する。
老化すると免疫システムが正常に働かず、感染症や花粉症にかかりやすくなる。
体の中に生じる異物「がん」からも守る。


■腸年齢が上がると太る
全身の細胞にまんべんなく送られるはずの栄養素が全て脂肪組織へ流れてしまい、そんなに食べていないのに太ってしまう。
便秘が治るとやせる人も多い。


■下剤
便秘外来では基本的に下剤は処方しない。
継続して使用すると腸に炎症を起こし、腸が動かなくなり、腸内環境が悪化する原因。


■不溶性食物繊維
レタスやゴボウなどに多く含まれる。
便のカサを増し、腸のぜん動運動を促進させる。
基本的には便秘を解消する。
便秘の状態で大量の摂るとそれまで溜まっていた便がさらに大きく、硬くなってより出しにくくなる。


■水溶性食物繊維
りんごやこんにゃく、海藻などに多く含まれる。
水を含むとゲル状になり便を柔らかくしてくれる。

 

■腸年齢を若返らせるヨーグルト
自分に合った乳酸菌を含むヨーグルトにオリゴ糖を含むハチミツと水溶性食物繊維を含むリンゴを混ぜ合わせ完成。
水溶性食物繊維に含まれる「ペクチン」は、熱を加えるとより効果が増す。
「焼きリンゴ」にすると、より効果が上がる。
<材料>
ヨーグルト 100g
ハチミツ  大さじ1
リンゴ   1/2個


■ヨーグルト
夕食後に食べるのが効果がある。
夜は腸の働きが活発になるため、ヨーグルトの乳酸菌も定着しやすくなる。


■ねじれ腸
大腸の一部がねじれてしまっている。
便の通り道が狭くなり、その場所に溜まってしまい、腹痛を伴う排便障害になる。
ひどい場合は2~4kgの便を溜め込んでしまう。


■落下腸
便が落下した場所に便が引っかかってしまうため、立ち上がるとへそから下が出っ張るのが特徴。


■ねじれ腸チェック
(1)子供の頃から便秘
(2)腹痛を伴う便秘になったことがある
(3)便秘後、下痢や軟便がある
(4)運動量が減ると便秘になる


■オリーブオイル
1日大さじ1杯のオリーブオイルを飲むことによって便をコーティングして動くようになる。
治療でも使っている

■脳と腸
自律神経とパイプでつながっている。
そのため、脳で感じたストレスは腸に伝わり腸を老化させる原因になる。

■セル・エクササイズ
体のセル=細胞全てに血液を流し、自律神経を整える運動の事。
今、一番健康に良いとされるエクササイズ。


■腸の若返りに効果のあるセル・エクササイズ
<やり方> 
肩幅に足を開いてまっすぐに立ち、つま先立ちになり、そして一気に力を抜く。
左右に体を揺らして、下まで沈むことがポイント。
これを8回繰り返す
緊張と脱力を繰り返す事で、滞っていた腸の筋肉を活性化させる。


■全身の血の巡りを良くする、セル・エクササイズの基本の体操
<やり方>
(1)両腕を上にのばして手首を交差し、息を吸いながら全身を上に伸ばす
(2)息を吐きながら体を左に倒す
(3)息を吸い込みながら体を起こす
(4)息を吐きながら体を右に倒す


<やり方>
(1)足を肩幅に開き、左手で肋骨の下、右手で腰骨の上をつかむ
(2)ゆっくり時計回りに8回まわす
(3)反対方向に8回まわす
(4)左右の手の位置を変えて同様に骨盤をまわす

■L4花めぐり
『府中市郷土の森博物館』
住所:〒183-0026  東京都府中市南町6-32
TEL:042-368-7921(代表)
開館時間:午後9時から午後5時まで(入場は午後4時まで)
休館日:月曜日(ただし休日にあたる場合は、翌日)
12月29日~翌年1月3日および設備の保持等による臨時休館もある
(夏休み、梅まつり期間等は臨時に開館することがあり)
料金: 大人200円   中学生以下100円
※4歳未満は無料

ネットもテレ東