放送バックナンバー

テーマ
身体の中から元気に!今話題!腸内フローラ徹底解説
ゲスト

生田 智子


専門家: 藤田紘一郎(ふじた こういちろう)
医学博士・東京医科歯科大学 名誉教授 

放送内容

○『腸内フローラ』とは
私たち<ヒト>の腸内には、多種多様な細菌が生息しており、なんと3万種類以上
重さは約2キロにもなる。
顕微鏡で見ると、まるで植物が群生している「お花畑(flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになった。


○ 『腸内フローラ』の理想的な比率
善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7というのがベストなバランス。
善玉が多すぎても、悪玉が少なすぎても身体にとって良くない。
(それぞれの菌の特徴)
・善玉菌:ビフィズス菌や乳酸菌を始めとする体にとって良い働きをする菌

・悪玉菌:大腸菌を始めとする菌で一般的には腸にとって悪い菌と言われていますが
実はバランスを保つためには必要な菌

・日和見菌:バクテロイデスや連鎖球菌 細菌のグループ。
善玉菌と悪玉菌、優勢に働いている菌に味方する言わば友軍的な存在。


○ 腸内フローラのバランスが崩れると・・・
便秘や肌荒れ肥満など、女性特有の健康のお悩みはもちろん、
うつ病やがんの発症にも影響することが分かってきています。


○ どのように腸内フローラの状態を調べるの?
現在日本には正確に検査する機関がありません。簡単な検査キットなども販売されていますが
分かる情報は多くないため、藤田先生がすすめるのは便を見ること。
毎日排便・排便量・黄褐色・適度な柔らかさなどをポイントに見ると良い。


○ 腸内フローラ(花畑)をきれいに咲かせるには
規則正しい生活リズムを作り、尚且つ3食の食事内容に気をつかうこと。
・朝食:腸内細菌を増やすためのエサとなる栄養素を摂取する
・昼食:活性酸素をおさえる
・夕食:タンパク質とコレステロールを効率よく摂取する


○ どんな食材が良いのか
・善玉菌の餌になる食材
カリフラワー、おくら、ほうれんそう、 たまねぎ、サトイモ、 ヨーグルト、
りんご、バナナ、もずく など
・抗酸化作用のある食材
キャベツ、大根、ニンニク、かぼちゃ、ネギ、
しめじ、マイタケ、ニンジン、アボカド、イカ など
・その他 藤田先生のおすすめ食材
納豆、キムチ、みそ、しょうゆ、チーズ など


○ その他の腸内細菌を整える効果が期待できるもの
水選び:腸内細菌はミネラルを燃料にビタミンや免疫などを作る。
体の中にあるミネラルだけでは足りなくなってしまうため、
ミネラルウォーターなどで摂取する必要がある。
ウォーキング:回数や時間、距離ではなく、自分の好きな場所で自分のペースで
歩くことが大切。ストレスを抜くことができ、腸内フローラが
良い状態を保つことができる。

ネットもテレ東