放送バックナンバー

テーマ

7戸に1戸が空き家!?急増する空き家の実態と活用法

ゲスト

深沢 邦之


専門家:上田 真一 (NPO法人 空家・空地管理センター 代表理事)

放送内容

NPO法人 空家・空地管理センター
住所:東京都新宿区西新宿3-9-6 OYAビル6F
電話番号:0120-336-366
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休
交通アクセス:JR各線/京王線/小田急線「新宿駅」より徒歩5分


空き家対策特別措置法とは・・・?
・平成27年5月26日に施行された法律。空き家の実態調査、空き家の所有者へ
 適切な管理の指導、空き家の跡地についての活用促進、適切に管理されていない空き家を
 「特定空き家」に指定することができる、など定められている。


そもそも「空き家」の定義とは・・・?
・居住その他の使用がなされていないことが常態である建築物


特定空き家の定義
・そのまま放置すれば倒壊等保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となる
 おそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、
 その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認め
 られる空家等をいう、とされている。


特定空き家に指定されると・・・?
 →固定資産税が約6倍に!


<管理サービスの例>
100円管理
料金:100円(税込)/月
・毎月1回定期的に巡回
<サービス内容> 
・目視で問題がないかチェック ・クレームの一時対応
・巡回報告書を写真付きで作成 ・管理会社を明記した看板を設置
 ※初期費用として3,800円(看板設置・現況調査として)必要


しっかり管理
料金:4,000円(税込)~
・月1回、2回、4回のいずれかを選択(月4回を利用の方は月1回のお掃除サービスが無料)
<サービス内容>
・通気・換気 ・雨漏り点検 ・通水 ・室内、建物点検 ・庭木確認 
・ポスト掃除 ・庭のごみ処理 ・近隣挨拶 ・看板設置 ・クレームの一時対応
  ・巡回報告書を写真付きで作成
 ※初期費用として3,800円(看板設置・現況調査として)必要
  オプションで掃除・草刈り・郵便物転送など追加することができる。


豊島区の取り組み
リノベーションスクール
・空き家所有者と空き家を利用したい事業者をマッチングさせる取り組み


今回空き家活用例として紹介した場所
シーナと一平
住所:東京都豊島区長崎2-12-4
電話番号:03-5926-4410
営業時間:カフェ 平日・土日祝 11:30~18:00(L.O 17:30)
     金曜のみ11:30~20:00(L.O 19:30)
     宿 チェックイン 16:00~21:00 チェックアウト 10:00まで
定休日:カフェ 火曜日 お宿 無休 ※不定期に休みになる場合あり
アクセス:西武池袋線「椎名町駅」より徒歩約3分

日の出ファクトリー
住所:東京都豊島区東池袋2-6-2 205
問合せ先:090-1815-8188
利用時間:9:00~22:00(イベント開催時)※アトリエ利用者
アクセス:JR山手線「大塚駅」より徒歩6分
     東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より徒歩8分


ネットもテレ東