モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語

  • 最新情報
  • イントロダクション
  • ストーリー
  • 人物紹介
  • スタッフ
  • 音楽情報
  • 原作紹介
  • DVD情報
  • 掲示板
  • スペシャル
  • データ放送

モリのアサガオ豆知識

トップへ戻る

拘置所と刑務所の違い


悪いことをして捕まった人は基本的に刑務所にいると言うイメージがあるが全てがそうではありません。
逮捕された容疑者が起訴され被告人になると拘置所に入れられ裁判で懲役刑が決まると刑務所に移送されますが、裁判で死刑が確定した者はそのまま拘置所に残ります。
すなわち拘置所には裁判で判決が出る前の未決囚と死刑が確定した死刑確定囚が収容されているのです。

死刑囚は、死刑そのものが刑であることから、執行に至るまでの身柄拘束は刑の執行ではないとして刑務所ではなく拘置所に置かれています。
そして拘置所もしくは拘置支所にある刑場にて死刑が執行されます。

現在全国に刑務所など187の刑事施設があります。
その中で拘置所は全部で8箇所ありますが、その内の7つの拘置所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)に死刑囚が収容されています(拘置支所含む)。
そして、死刑が行われる刑場は、札幌刑務所(拘置は札幌拘置支所)、宮城刑務所(拘置は仙台拘置支所)、東京拘置所、名古屋拘置所、大阪拘置所、広島拘置所、福岡拘置所にあります。
通常、執行される場合は舎房から拘置所内を移動して刑場に向かいます。しかし札幌拘置所の場合は、札幌拘置支所から一度車で外に出て公道を通り道を挟んだ札幌刑務所に護送され執行に至ります。この時執行するのは札幌刑務所の職員です。

ページトップへ戻る