モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語

  • 最新情報
  • イントロダクション
  • ストーリー
  • 人物紹介
  • スタッフ
  • 音楽情報
  • 原作紹介
  • DVD情報
  • 掲示板
  • スペシャル
  • データ放送

モリのアサガオ豆知識

トップへ戻る

死刑囚の生活スタイル その1

外界と唯一つながる面会室に行く事以外、死刑囚は独居房と運動場、入浴場がほぼ全世界となります。そんな死刑囚生活スタイルを少々紹介しましょう。

【スケジュール】
朝7:00の起床から21:00の就寝まで、懲役囚と同様決められた時間通りに生活しています。
大きな違いは懲役囚のような労働がないこと。基本的に自由な時間を過ごしています。

【服装・スタイル】
基本自由。刑務所のように支給された囚人服を着せられるのではなく死刑囚個人の私物である服を着ています。
そのため色・柄などある程度自由。髪型もある程度の清潔感を保っている限り自由です。破れたもの(デザインで破ってあるジーンズなど)や35cm以上の紐がついたもの(自殺防止のため)、フードのついたもの(様子が分かりにくいため)、大きな金属類がついたものなどは禁止されています。

【食事】
拘置所内に収容されている者は皆同じメニューを食べます。
1日2220kcal(主食1200 kcal、副食1020 kcal)と計算された食事。主食と副食で熱量と栄養量が調整されています。

大変健康的な食事のため、糖尿病が治るものもいるそうです。
献立例)
朝 ― ご飯、味噌汁、ひじき、前菜
昼 ― パン、バナナ、牛乳、オムレツ、魚肉ソ-セージケチャップ炒め
夕 ― ご飯、味噌汁、焼き魚、佃煮、ほうれん草のおひたし、前菜
ご飯は、米7・麦3の割合で炊かれる麦飯。
正月の三が日には白米の食事となり、雑煮・御節・尾頭付きの鯛が出されることもあります。祭日や正月には間食として甘味(ケーキや大福、饅頭)が出されることもあるとのこと。

また拘禁からくるストレスを軽減するために精神の安定に良いビタミン、カルシウムを含む食材による料理、果実、甘味品が提供されています。
食器、箸はプラスティック製。スプーンは使用するがフォークは凶器になりえるため使用しません。例外的に拘置所内に拘留されている懲役囚によって調理された食事を、懲役囚によって各房へ配膳されています。
【入浴】
週2回(夏季は3回)。単独浴場にて15分間で行われます。この時間に限り剃刀が貸し出されることがあります。

【就寝】
頭を扉側にして房の中央に布団を敷いて寝ます。就寝時、顔にかけ布団をかけるのは確定囚の状況が分からないため禁止されています。
舎房の明かりが消えることは無く、消灯ではなく“減灯”という状況が保たれます。
(電球で言うと60ワットから10ワットにする)

ページトップへ戻る