モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語

  • 最新情報
  • イントロダクション
  • ストーリー
  • 人物紹介
  • スタッフ
  • 音楽情報
  • 原作紹介
  • DVD情報
  • 掲示板
  • スペシャル
  • データ放送

モリのアサガオ豆知識

トップへ戻る

殺人事件全体の中の死刑

一般に永山則夫の殺人事件で示された永山基準によって複数の殺人を犯さないと死刑にならないという事がスタンダード化しました。もちろんこの基準に当てはまらないものもあり、最近では1人殺しただけで死刑を求刑されることもあります。
とはいえ、死刑に値するかどうかは、やはり被害者の人数という点は大きいでしょう。
しかし、被害者が複数の大量殺人であろうが1人の事件であろうが、最愛の人を殺されたそれぞれの遺族の辛さは変わりません。人数の問題ではないのです。
ところが実際、比率として死刑が下されるのは殺人事件全体の1%にも達していません。もしその被害者遺族が犯人に死刑を望んでも多くの場合かなえられません。言い換えると被害者遺族の99%は犯人対し死刑ではない別の方法で心の傷を癒していかなければならないのです。

ページトップへ戻る