STORYitem

#11

2014.03.21 放送

広一(中村蒼)たちと公園に行った時、暗殺者のハーデス(翁華栄)に王妃(りりィ)が突然刺された。典夫(本郷奏多)はハーデスを追うが…。
江原正三(ミッキー・カーチス)の家に運ぶも王妃は治療を拒否。やがて、王妃とアスカ(杉咲花)、典夫は、広一とみどりに自分たちが何者なのかを語り始める。

★これまでのストーリーはこちらでチェック
(前回までの物語の核心部分が記述されています。ご注意ください。)

岩田広一(中村蒼)と香川みどり(桜井美南)が不思議な流れ星を見た翌日、山沢典夫(本郷奏多)という不思議な少年が広一の隣人、江原正三(ミッキー・カーチス)宅に引っ越してきた。典夫は広一達の高校に転校してくるが、理事長が典夫に頭を下げたり、裏番長の冴木が典夫の手下になったりして周囲は不審がる。実は典夫はヒューマノイドで、モノリスという謎のアイテムを使いこの世界に家来を増やし、別世界から逃れてくる王妃(りりィ)や姫のアスカ(杉咲花)達を迎える準備をしていた。やがて王妃達が到着、アスカは広一たちの学校に転校した。そんな中、典夫が操っていた冴木に異変が起こる。突然典夫に襲いかかってきたちょうどその時、冴木のアステロイドが切れて典夫は冴木を支配できなくなった。モノリスが足りず追いつめられた状況下でもわがままな王妃の態度にキレた家来のアゼガミ(中野裕太)スズシロ(佐藤乃莉)は、ついに王妃の元を去る。ますます窮地に陥る典夫達。ある日、アスカの提案でピクニックに行き、束の間の幸せを感じたまさにその時、王妃が何者かに刺されてしまう。

★これまでの内容を放送中に確認したい場合はこちらをご確認ください。

line GLOSSARY ~専門用語集~ ここでしか見られない名シーンが盛り沢山 フォトギャラリー line

top